ネットで賢く稼ごう!副業が会社にばれない3つの方法!!

ネットで賢く稼ごう!副業が会社にばれない3つの方法!!

現代は正社員として働いても満足のいく給料がもらえない時代です。何年働いても給料がアップしていく事は難しく、給料に不満を抱いている人が多いです。

また、結婚した人はなかなか旦那さんだけの給料で生活していくのは難しい時代になりました。

ですが、小さい子どもがいるからといって女性が働ける社会かといったら難しく、共働きも厳しくなっています。そんな時、会社に隠れて副業を始めようと考える人もいます。

本当はだめなのですが、なかには仕方なく始める人も多いと思います。そこで、何故会社に副業しているかがばれるのかを紹介していきたいと思います。

1.同僚から同僚へ

まず、よくあるのが、同僚に話してしまったことから上司にばれてしまうというパターンです。

特に女性に多いのですが、同僚に話してしまったことから、話した相手が誰かに話してそれが、どんどん伝わっていき、最終的に上司などの偉い人にばれてしまうというはたまにあります。

また、あなたの前では味方をしているのに裏では蹴落とそうとしている人も中にはいると思うので同僚に副業の話をするのはとても危険です。出来るだけ話さないほうがいいでしょう。

2.年末調整から

次によくあるのが年末調整でばれるというパターンです。
これは、副業を行っている人は全員が気をつけなくてはいけないのですが、住民税が増額されることにより、年末調整時に会社にばれてしまうパターンです。

同じ会社なら同期の人とは給料がほぼ同じ事が多いのですが、ある人だけ住民税が高いと会社は当然怪しみます。

あまりに高い住民税は会社にばれやすくなるので年末調整にはきをつけなければいけません。

3.特別徴収税額通知書から

年末調整で会社にばれにくくするためには、副業の確定申告には普通徴収として会社から天引きされる住民税の額は変動しないようにすると良いです。

しかし、これをしたからといって絶対に会社にばれないとは言い切れません。

管轄の都道府県からあなたの会社に納税すべき金額が記載されている特別徴収税額通知書というものが送られてきます。

その時に「その他の所得」の欄にチェックが入っている場合があります。

つまり、そこにチェックが入っているという事は不動産や株式投資など会社以外での収入があるということになります。

ここにチェックが入っていたら会社は必ずあなたに問い詰めるので良いわけを考えなければいけません。

もちろん副業していますと正直に答えてはいけません。会社で認められるような言い訳をいわなければいけなりません。

例えば、「オークションで物を売ったら思ったよりも高く売れたから確定申告をした」と営利目的ではなく、趣味で売ったらたまたま売れてしまったと話しておきましょう。

そうすれば副業とみなされない可能性もありますので内容を考えておきましょう。

正当な理由があれば会社も見過ごしてくれるので必ず、ぼろが出ないように対策を取っておくことが大切です。

まとめ

このように、基本的に会社員は副業をしてはいけないというところがほとんどです。ですが、家庭の事情でどうしても副業をしなくてはいけない場合もあると思います。

そういうときはばれないように隠して副業をしましょう。年末調整などはばれるパターンとしてよくあるので気をつけましょう。

また、副業も良いのですが、あまりたくさん副業してしまうとばれる元になるのであまりに高いお金を稼ぐのはやめておいた方が良いです。

また、会社の同僚にばらされるというのも本当にたくさんあります。ですので、万が一話す場合は、人を選んではなしましょう。

ですが、基本的には話さないほうがあなたのためだと思うのでどれだけ仲がよくても話さないほうが良いです。

また、話さなくても何かの情報でばれたりする可能性もあるのであなたの個人情報が漏れないように慎重に行う事が大切です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ